入れ歯(義歯)

 

入れ歯について

「入れ歯」とは、歯を失ってしまった部分を「義歯」により補う治療法です。
現在「入れ歯」を使用されている方、入れ歯に対して不満はありませんか? また、初めて入れ歯の使用を考えている方は、いろいろと不安があると思います。
ここではまず、入れ歯の特徴についてご紹介しましょう。

入れ歯とは?

歯を失った部分を補う「義歯」のこと。一般的には、プラスチックの床(ピンク色の部分)に、陶材やプラスチック製の人工歯を並べたもの。「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。

「入れ歯」以外の治療法との比較

歯を失った部分を補う治療には、「入れ歯」のほかにもいくつかあります。
ほかの治療法と比較しながら、入れ歯の特徴を理解しましょう。

治療法 特徴・メリット 問題点
入れ歯 入れ歯
  • 費用が低価格(保険適応のものもあり)
  • 手術の必要がない
  • 歯を削る量が少ない
  • 取り外しができ、掃除が簡単
  • 治療期間が短い
  • 隣歯への負担が大きい(部分入れ歯の場合、バネをかけるため)
  • 装着時に違和感がある
  • 入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
  • 数年ごとに作りかえ、または調整を必要とする
ブリッジ ブリッジ 失った部位の両隣の歯を削り、義歯のブリッジをかぶせて固定する方法
  • 天然歯と同じような外観・機能が期待できる
  • 咬み合わせを回復することができる
  • 入れ歯より高額
  • 隣歯を削る必要がある
  • 土台となるしっかりとした歯が両側にないとできない
  • 失った歯の数が多いと治療できない
インプラント インプラント 歯のない部分にのみ人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、歯(歯冠)を取りつける方法
  • 天然歯と同じような外観・機能が期待できる
  • 失った部分の顎の骨がなくなるのを防ぐ
  • 健康な歯を犠牲にする必要がない
  • 適切にケアすれば十分長持ちする
  • 入れ歯やブリッジより高額
  • 手術の必要がある
  • 取り外しはできない
  • 治療期間が長い

入れ歯を使用中の方からは、こんな声が…

こんなことで困ってます。

入れ歯は、自分の歯ではなく仮の歯を装着しているのですから、多少の違和感は仕方のないことですが、しばらく装着していれば慣れてくるものです。
しかし、このような問題が生じる原因として、「入れ歯が自分にあっていない」ことが考えられます。
大切なのは、「痛くない・しっかり噛める・違和感のない」自分にあった入れ歯(義歯)をつくることです。
現在使用中の義歯に不満をお持ちの方は、調整や新たに作製が必要です。
また、ほかの治療法を検討されることもお勧めします。

 
 
ご予約システム
急患随時受付しております

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 歯科口腔外科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • リップケア
  • 矯正歯科
  • 睡眠時無呼吸症候群

診療時間

診療時間 休診日:水曜日・祝日

アクセスマップ

〒180-0023 武蔵野市境南町2-5-8
ヴィラージュ武蔵野1F
JR中央本線 武蔵境駅下車徒歩3分

採用情報
アウラ歯科クリニック 携帯サイト