インプラント

 

■インプラント治療 ‐当院での取り組み‐

当院では、ストローマンインプラントを使用しています。このインプラントは1974年から臨床応用されている実績を持ち、ストローマン社が行っているインプラント研究や科学的文献による裏付けはもちろん、生産管理などでも世界トップクラスを誇っています。
これら多くの実績がITIインプラント(ストローマンインプラント)の信用性を不動にしています。また、当院では最新の3次元歯科用CTを導入し、より安全な歯科治療を提供しております。
立体的な画像で映しだすCTを用いることで、インプラントのための診査や、歯周病の程度、親知らずの状態を正確に把握することができます。
そのうえ、インプラント手術にはインプランターなど最新鋭の設備も使用するため、より安全で確実な治療が可能です。

インプラントとは?

インプラント治療とは、歯を失ってしまったところに人工歯根を埋め込み、さらにその上に人工歯を取りつけ、天然歯と同じ状態を回復する治療法です。
あごの骨と人工歯根をしっかりと固定することができるため、本来ある自分の歯と同じように物を噛むことができるようになります。

こんな方にお勧めします

  • もう一度、自分で噛める健康な歯に戻りたい方
  • 使用している入れ歯が合わない、外れる、痛い等でお困りの方
  • 入れ歯に抵抗がある方
  • 虫歯や歯周病で、歯を抜くことになってしまった方
  • 事故やアクシデントで、歯が折れてしまった方 など

インプラントのしくみ

インプラントの構造

インプラントの手術は3段階(2段階もあります)に分けて行われます。

  1. インプラント(人工歯根)を歯槽骨に埋め込みます。
  2. インプラントが骨と結合するのを待って、上部に人工歯をつけるための土台(アバットメント)を取りつけます。
  3. その上に人工歯を取りつけます。

インプラントは、骨との親和性の高いチタンでできています。

チタンと骨は互いが接触した際に発生する分子の働きにより「結合」するという特質があるため、ただ単に骨に埋められているだけでなく、骨と直接結合して、まるで生きている骨として取り込まれたように安定した状態になるのです。
そのため、自分の歯と同じような感覚で食事をしたり、お話したりできるのです。

  1. インプラントを植えてしばらくするとインプラントと骨が結合します。この結合は、植物の種が大地に根を張る状態に似ています。 インプラントを植えてしばらくするとインプラントと骨が結合します。この結合は、植物の種が大地に根を張る状態に似ています。
  2. インプラントと人工歯をつなぐアバットメントは、根がしっかり着いた植物の茎のようなイメージ インプラントと人工歯をつなぐアバットメントは、根がしっかり着いた植物の茎のようなイメージです。
  3. しっかりと根を張っているので、雨風に負けない立派な花を咲かすことができます。 しっかりと根を張っているので、雨風に負けない立派な花を咲かすことができます。
 
 
ご予約システム
急患随時受付しております

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 歯科口腔外科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • リップケア
  • 矯正歯科
  • 睡眠時無呼吸症候群

診療時間

診療時間 休診日:水曜日・祝日

アクセスマップ

〒180-0023 武蔵野市境南町2-5-8
ヴィラージュ武蔵野1F
JR中央本線 武蔵境駅下車徒歩3分

採用情報
アウラ歯科クリニック 携帯サイト