予防歯科

 

虫歯になったら治療すれば問題ない?<治療から予防へ>

ほとんどの方が、歯が痛かったり、歯に不都合が生じた時にしか歯医者には行きません。
これまでは歯科医師側も「悪くなった歯を治療する」ことが仕事だと考えていました。
しかしここ近年、最良の歯科医療とは、「自分の歯を失わず、一生健康な歯で過ごせること」で、歯が悪くなってから「治療する」のではなく、歯が悪くなる前に「予防する」ことを重視するようになりました。
どうして「治療」ではなく、「予防」を大切にするようになったのでしょうか?

一般的な虫歯治療とその後

虫歯ができる・削る・詰め物をする

治療では、症状の進行を食い止めたり、機能を補ったりすることしかできず、元の健康な歯に戻すことはできない。

「治療」から「予防」へ 歯科医療の変遷

12歳児永久虫歯数の推移

歯科医療の先進国スウェーデンやフィンランドでは、20年以上前から虫歯を「治療する」のではなく、「予防する」という予防歯科を導入して、虫歯の数を激減させました。上記でお話ししたように、 虫歯になって治療→再発→治療を繰り返していては、歯はリスクを負い、弱っていく一方だからです。こうして日本でも、治療中心の歯科医療から予防中心の歯科医療へ徐々に変化してきているのです。

生涯自分の歯を健康に保つためには、
治療を受けなくても済むよう、予防することがとても大切なのです。
では、歯を守るために、どのような予防をしていけば良いのでしょうか?

 
 
ご予約システム
急患随時受付しております

診療科目

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 歯科口腔外科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • リップケア
  • 矯正歯科
  • 睡眠時無呼吸症候群

診療時間

診療時間 休診日:水曜日・祝日

アクセスマップ

〒180-0023 武蔵野市境南町2-5-8
ヴィラージュ武蔵野1F
JR中央本線 武蔵境駅下車徒歩3分

採用情報
アウラ歯科クリニック 携帯サイト