武蔵境駅近くの歯医者。予防歯科なら[アウラ歯科クリニック] へ。土曜・日曜も診療|ブログ

歯磨きの極意

6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。
この機会にご自身の歯に意識を向け、改めて毎日の歯磨き習慣から見直してみましょう。

さて。
あなたは正しい歯磨き、できていますか?

歯磨きの目的は、むし歯・歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を落とすことにあります。
歯と歯の間、そして歯と歯ぐきの間はプラークがつきやすい場所。
そこにしっかり歯ブラシの毛先が当たっているかを意識して磨いてみてください。
1カ所につき、歯ブラシを小刻みに20回程度動かすことが効果的です。

力加減も大切です。
強すぎると歯肉が傷つき、歯ぐきが下がってしまうことも。
歯ブラシの毛先が広がってしまう状態、それは押し付けすぎのサインです。
歯ブラシは強く握らず軽く持ち、やさしい力で磨いてくださいね。

もうひとつ。
歯ブラシに歯磨き粉をつける際、歯ブラシを濡らしていませんか。
意外と知られていませんが、実はこれだと効果は半減してしまうのです。
泡が出ると「磨いた感」は得られるのですが、歯磨き粉に含まれる成分は薄まり、
磨き残しも多く出てしまいます。
歯磨き粉は乾いた歯ブラシにON!
ぜひ新習慣に加えてみてくださいね。

いかがでしたか。
むし歯・歯周病の予防には、毎日の丁寧な歯磨きが一番効果的です。
上記のポイントを意識して、健やかなお口を保っていきましょう。

意外と知らない舌の世界

皆さんは、眠りにつく時や、リラックスしている時、自分のがどんな形をしている

かご存知ですか?

体に正しい姿勢があるように、舌にも平常時の正しい位置があると考えられていま

す。

 

今回はそんな舌と歯の関係についてお話してみたいと思います。

 

上あご前方、前歯2本の根本の近くにある小さなふくらみ。

「スポット」と呼ばれる場所がそこにあります。

 

この「スポット」に舌の先が当たっていることが、正しいポジションにおける1つ目

のポイントです。

つけ加えると、スポットに触れているが、歯には触れていないという状態がベスト

す。

 

次に2つ目のチェックポイントは、舌全体が上あごにくっついていることです。

この時、出来るだけ上あごとピッタリくっついていて、すき間がない方が良いといわ

れています。

ぜひ、みなさんの舌の位置を確認してみてください。

 

いかがだったでしょうか?

これら舌の位置が乱れることを「舌癖(ぜつへき)」と呼びます。

聞き慣れない方もいらっしゃると思いますが、読んで字のごとく舌の癖のことです。

 

舌癖にも「舌突出癖(ぜつとっしゅつへき)」、「咬舌癖(こうぜつへき)」など複

数の種類がありますが、

実はこの舌癖、咬み合わせや歯ならびに悪影響を及ぼす可能性があると懸念されてい

るのです。

 

皆さんご存知の通り、歯列や咬み合わせはとても大切です。

審美面はもちろん、健康面、むし歯や歯周病へのリスクもあります。

咬み合わせや、あごの位置が少し気になるなという方がいらっしゃいましたら、

ふとした時、舌のポジションを確認してみるのも良いかもしれませんね。

 

舌はあまり人の目に映らない部位ではありますが、

舌を意識することで笑って過ごせる健やかな時間を増やしていけたら素敵だと思いま

す。

花粉の季節、お口のトラブルに御用心!

今年も本格的な花粉の飛散シーズンがやってきました。

花粉症の方には悩ましい時期ですよね。

 

症状のひどい方は、すでにお薬などで対策・対処をされていることとは思いますが、

ここでお口の中にも目を向けてほしいのです。

 

実は花粉症が歯に及ぼす影響は、意外と小さくないのです。

とくに花粉によるアレルギー性鼻炎で、鼻に出る症状がひどく、

口呼吸になっている方は要注意。

お口の中が乾燥し、唾液の分泌量が減少していませんか。

 

唾液にはお口の中を中性に保ち、

細菌の繁殖を抑える役割があります。

 

しかし乾燥によって唾液の分泌が悪くなったお口の中では、

その効果は発揮されず、結果として細菌が増殖。

むし歯や口臭、歯周病など思わぬお口のトラブルを引き起こすことがあるのです。

 

花粉症のシーズンが終わって歯医者に行ったら、むし歯になっていた……

なんてこと、実際によくあります。

 

こまめに水分を補給したり、

キシリトール配合のガムを噛んで唾液の分泌を促したりして、

お口の中を潤すことが予防策として有効です。

 

不快な症状がつづく花粉症。

せめてお口の中にはトラブルが起きないよう、

意識してケアしていきましょう。

 

 

 

 

甘いキシリトールでむし歯予防

2022年も半月が経ちました。

もうすぐ2月、バレンタインですね。

2000年代に入ってから、「友チョコ」という言葉を聞くようになり、
友人間でもチョコレートなどのお菓子を交換する光景をよく見かけるようになりました。

特にお子様がいらっしゃる方にとっては、
甘いお菓子はむし歯が心配かと思いますが、
歯に優しいキシリトール入りのチョコレートがあるのをご存知でしょうか?

キシリトールというと、いわゆる「キシリトールガム」=スーッとするミント系の味、
というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
実は天然の甘味料なのです。

白樺や樫の木からとれるキシラン・ヘミセルロースという糖分から作られ、
砂糖と同等の甘みがあるのが特徴です。
むし歯を予防する甘味料として、
キシリトールガムのミント系の味ではなく、甘みの方に使用されているのです。

キシリトールはお口の中のPH値を整える効果があり、就寝前に食べると効果的とされていますので、
就寝前、歯磨きをしたのに甘いものが食べたくなってしまった…
という時も、キシリトールチョコレートなら罪悪感なく食べることができますね!

甘いものが好きな方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
ただキシリトールを一度にたくさん摂取すると、お腹が緩くなってしまうのでご注意ください!

コロナワクチンの接種をいたしました。

最近はよく、「先生はワクチン打ちましたか?」と聞かれることが多くなりました。

私は2回接種済みですので、どうぞ安心してご来院ください!

 

とはいえ、ワクチンを接種したからと言って完全武装を施した状態ではありません。

患者様やスタッフを守るためにも、日ごろの感染予防対策は今まで通りしっかりと行って参ります。

 

新型コロナウイルスワクチンについては色々な噂もあり、

接種することを不安に思う方も少なくないと思います。

 

接種するか否かはご自身でしっかりと判断を。

ワクチンを打つことでご自分を守ることができますが、

リスクが高い方にとっては打たないという選択肢を取ることでご自身を守ることに繋がるケースもあります。

 

海外では、国民の大半がワクチンを接種し、日常を取り戻したというニュースも聞くようにもなりましたね。

まだまだ不安が残る状況が続いておりますが、

私たちの日常も、一日も早く戻ることを願っています。

歯科の受診は「不要不急」ではありません。

年が明け、寒さも本格化してきましたね。

皆様体調管理はしっかりできていますか?

 

新型コロナウイルスが国内で広がりを見せてから、ちょうど1年が過ぎました。

1都3県を皮切りに、再び緊急事態宣言が発令され、

日中に関しても不要不急の外出を控えるように要請が出ていますね。

 

4月の緊急事態宣言後、「コロナ虫歯」が増えているとの話があります。

 

原因は主に2つ。

・新型コロナウィルスへの感染を恐れ、歯科医院の受診を控えている。

・おうち時間が増えることで、だらだら食べが増えている。

 

歯科医師たちが危惧していたことが現実となっているのです。

 

以前のブログ記事にも掲載しましたが、

お口のトラブルは身体の免疫力の低下にもつながる問題です。

おうち時間を利用して、しっかりお口のケアに取り組むのも良いのではないでしょう

か!

 

どこからが「不要不急」になるのかは、線引きが難しい問題ではありますが、

医療機関の受診は不要不急ではありません。

 

当院では感染症対策もしっかり行い治療にあたっております。

少しでも気になることがある場合は、お気軽にご相談ください!

冬とむし歯の関係?

今年も残すところ1ヶ月となりました。

今年は本当に色んなことがあった1年になりましたね。

 

寒さも冬らしさを取り戻しつつありますが、

皆様は、冬とむし歯の関係をご存知でしょうか?

 

冬はお口の中も乾燥しやすく、唾液量が減ってしまいます。

朝起きたら、口の中がカラカラなんてことはありませんか?

 

唾液は、お口の中を中性に保つ大切な役割を担っています。

唾液量が減ってしまうと、むし歯のリスクも高くなり、口臭や歯周病の原因にもつな

がります。

汚れや着色もつきやすくなってしまうので、見た目の美しさを保つためにも

お口の中を乾燥から守ることは必要なことなのです。

 

お口の乾燥を防ぐ方法をご紹介いたしますので、是非お試しください。

 

・よく噛んで食事をする

・鼻呼吸を心がける

・刺激の強い食べ物を控える

・こまめに水分補給をする

 

体調にも気を付けたいこの季節、

からだを守るためにもお口の中の潤いを是非心掛けてみてください。

冷たいジュースが美味しい季節は

長かった梅雨がようやく明けて、
夏本番の厳しい暑さが続きますね。

この時期、熱中症にならないために
清涼飲料水を口にする機会が増えていませんか?

スポーツドリンクや炭酸飲料などの、
多量の糖分が含まれた酸性度の強い飲み物には
歯を溶かしてしまう作用があります。

清涼飲料水を飲むこと自体が悪いわけではないのですが、
お口の中が長時間酸にさらされていると、
歯の表面の硬いエナメル質が徐々に溶け、
穴が開き、虫歯が発生してしまうので、

・だらだらと時間をかけて飲まない
・飲んだ後はうがいをするか、水やお茶を飲んで中和させる

こういったことに気を付けながら飲むようにすると良いですよ。

せっかくの夏休み、歯が痛くて楽しめないなんて事にならないために、
歯がしみたり痛む方はもちろん、
気になる症状がない方も、是非検診にいらしてください!

お子様のおやつについて

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、もうじきやってくるバレンタインデーに因んで「チョコレートについて」お

話ししたいと思います。

 

当院でも、小さなお子様をお持ちの患者様から時々ご質問をいただきますが、

何歳からチョコレートを与えて良いのか…悩まれている保護者の方は多いのではな

いでしょうか?

 

これには明確な決まり・答えはありません。

ですが遅ければ遅いほど良いとされています。

 

と言いますのも、味覚は3歳までに育つ上、それまでに虫歯があるお子様は永久歯に

生え変わっても虫歯になりやすいという研究結果が出ているのです。

砂糖の摂取量が多ければ当然虫歯のリスクは上がりますし、甘い食べ物がクセになる

ことも…。

チョコレートは嗜好品で、健康上必要のないものです。

1~3歳のお子様のおやつには、お芋や果物など、栄養を補うものを選ぶことをおすす

めします!

もちろん4歳以降もあえて与える必要はありませんよ。

 

とは言え、兄弟がいたりお友達が食べていたりすれば「少しぐらい…」というお気持

ちも分かります。

おやつの時間をきちんと決めて、少量であれば与えても良いと思います。

 

甘いものを食べたときに限らずですが、ご家庭での仕上げ磨きをしっかりと行い、

歯科医院で「フッ素塗布」や「シーラント」などの予防ケアを受けることで、お子様

の歯を虫歯から守りましょう。

定期健診について

皆さま、定期健診はされていますか?

痛みがあったりむし歯がないと
歯医者さんに行く機会は少ないかと思います。

しかし歯医者さんに行くことはとても大切なことなのです。

痛くもないのになぜ歯医者さんに行く必要があるのか、
ひとつは自分で行き届かないところのおそうじをしてもらうことです。
歯を失う多くの原因が歯周病です。
歯周病は重度にならないと痛みを感じないので定期的な受診をしないと
気づけないことも多いでしょう。

そしてもうひとつは見た目ではわからないような
むし歯があるかどうかをみてもらうことです。
見た目は健全な歯に見えてもレントゲン写真をとってみたら
中でむし歯が広がっていた、なんてこともあります。

ご自身でのチェックも大事ですが
何もなくても歯科医院での定期健診は受けるようにして
いつまでも自分の歯で過ごせるようにしていきましょう。

information

医院からのお知らせ

4/9
【現在の診療状況につきまして】
当院ではコロナウイルスによる緊急事態宣言後も感染予防対策を最大限強化し通常通り診療を行って参ります。

今後、診療時間の変更や休診をさせていただく場合がありました際は随時、こちらの新着情報にてお知らせいたしますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

当院では皆様に安心して通院していただけるよう共有スペースの定期的な消毒、機器の高圧滅菌、スタッフの健康管理・マスク着用・手指消毒の徹底などより一層細心の注意を払い、患者様の健康、命をお守りするためスタッフ一同安全確保に努めて参ります。

患者様へのお願い
発熱・咳・倦怠感がある場合、また接触者より感染者が確認された場合はご無理なさらずキャンセルのご連絡をいただきますようお願いいたします。

皆様にご不便をおかけし大変心苦しく思いますが、
何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。
2/27
2014年2月27日発売の雑誌「Hanako」に武蔵境の歯科[アウラ歯科クリニック]が掲載されました。
詳しくは「メディア掲載のお知らせ」をご覧ください。
11/11
睡眠時無呼吸症候群の講習会に参加しました。武蔵境の歯科[アウラ歯科クリニック]では睡眠時無呼吸症候群の医療提携を行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。
気になる方はお気軽にご相談ください。
3/5
武蔵境の歯科[アウラ歯科クリニック]では、矯正担当医による矯正歯科治療の受付をはじめました。
詳しくは、お電話にてお問い合わせください。
2/16
小児歯科の詳細ページを追加しました。
blog

ブログ

06/03
歯磨きの極意
6月4日から10日は「歯と口の健康週間」です。 この機会にご自身の歯に意識を向け、改めて毎日の歯磨...
04/28
意外と知らない舌の世界
皆さんは、眠りにつく時や、リラックスしている時、自分の舌がどんな形をしている かご存知ですか?...
03/11
花粉の季節、お口のトラブルに御用心!
今年も本格的な花粉の飛散シーズンがやってきました。 花粉症の方には悩ましい時期ですよね。 ...
01/14
甘いキシリトールでむし歯予防
2022年も半月が経ちました。 もうすぐ2月、バレンタインですね。 2000年代に入って...
09/24
いびきが続く場合はご注意を!
真夏の暑さが和らぎ夜も涼しくなってきましたが、皆さんよく眠れていますか?   眠りが浅い...
07/06
コロナワクチンの接種をいたしました。
最近はよく、「先生はワクチン打ちましたか?」と聞かれることが多くなりました。 私は2回接種済み...
05/11
金属アレルギーから身を守るために
日中は汗ばむくらいに暖かい日が増えてきましね。 夏へと向かう季節の変わり目ですので、お体には十...
03/22
インプラントで楽しい日常を取り戻しませんか?
インプラントと聞くとどのようなイメージが思い浮かぶでしょうか? 怖い、痛い、腫れるんじゃないか...
01/25
歯科の受診は「不要不急」ではありません。
年が明け、寒さも本格化してきましたね。 皆様体調管理はしっかりできていますか?   ...
11/27
冬とむし歯の関係?
今年も残すところ1ヶ月となりました。 今年は本当に色んなことがあった1年になりましたね。 ...

診療時間

 
9:00-13:00
15:00-19:00

最終受付  午前は12:30/午後は18:30まで
▲ 14:00~18:00(最終受付は17:30まで)

休診日
水曜日・祝日
tel:0422309979

診療カレンダー

武蔵野市境南町周辺について